▲ Top

  • HOME
  • マイナスイオン精米

マイナスイオン精米 ご飯の味を左右する精米へのこだわり

マイナスイオン精米

ご飯の美味しさのため、技術を追求しました

普通の精米とマイナス・イオン精米の違いは、精米時に発生する静電気を減らすことでお米への圧力を減らし、お米にやさしい精米が可能となります。これによりお米の吸水率に違いが現れ、ごはんの美味しさに繋がります。
食べ比べればきっと違いがわかります。ぜひ一度お試しください。

「マイナスイオン精米」と「普通精米」の浸透比較

1粒1粒の水の吸い方がご飯の味を大きく左右します

浸透比較

現在の精米工場では、沢山のモーターやパイプラインが便利に早く精米する事が出来るように、合理的なプラントになっています。

ですがそこには、沢山の静電気が発生し、プラスイオンが大量に発生します。精米工場をマイナスイオン環境にすることによりプラスイオンを緩和させることで、従来より20%以上の低い精米圧で精米が可能となりました。

弊社では平成5年から研究を続け、平均してむらのない精米が出来るようになってきています。この精米方法は丸子電子株式会社様と共同で研究しております。


共同開発についてはこちら

なぜマイナスイオン精米がいいのか

ご飯は味のわかりにくいものです。

しかしながら、美味しいご飯を食すると、ほのぼのしい笑顔がこぼれるます。それはそこに、何ともいわれない食感と輝きがあるからです。

白さ・艶(つや)・かおり・粘り・舌ざわり・これらのものが、調和されて美味しいと思うのです。
これは、粒の外が硬く滑らかで、噛むと中からソフトな澱粉がとろけ出る食感です。
マイナスイオン精米はこれらに一歩でも近つける精米方法です。

倉庫 倉庫
お店紹介
おこめ本舗
ブログ
よくあるご質問
特定商取引法に基づく表記
連絡先
お問い合わせはこちら
お問い合わせ